忍者ブログ
調味料のショッピングカタログ
[45] [44] [43] [42] [41] [40] [39] [38] [37] [36] [35
[PR]
2020/05/30 (Sat)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009/12/28 (Mon)

台湾ゴマ油 富味郷黒麻油

台湾ゴマ油 富味郷黒麻油

贅沢なゴマの香りがたまらない!毎日使って芯から健康に。富味郷黒麻油 550ml 瓶入り 台湾料理の中でもイチオシといえば、なんといっても「麻油鶏」。とろとろに煮込んだ鶏肉とゴマの香りいっぱいのスープが、たまらないい~いお味を出しているんです。そて、この料理にかかせないのが、黒麻油。これ、日本人が普通「ゴマ油」と呼んでいるものと、いったいどう違うんでしょうか?まず一目瞭然なのがその色。薄い黄金色をした日本のゴマ油と比べてこちらは真っ黒です。原料が黒ゴマなのだから当然といえば当然ですが、100%の黒ゴマから精製された油は、実は味も香りも全然違うのです。もっと濃くてもっと奥行きがあって、ゴマが存在感をしっかり主張している感じ、といえばいいでしょうか。黒麻油!
栄養豊富です。まさに「医食同源」の思想を体現する調味料なのです。だから台湾人に言わせると、日本のゴマ油はあくまで香り付け。ちょっと物足りないようですね。 今回ご紹介する富味郷は1965年創業の老舗メーカー。黒麻油といえばココ!という位台湾では浸透しているブランドです。贅沢なゴマの香りと風味をぜひ家庭で楽しんでみて下さい。さて、ここで「麻油鶏」の作り方をレクチャーしてみます。「麻油鶏(マーヨーチー)」材料 鶏肉(骨付き) 生姜 黒麻油 塩 水 鶏湯塊(鶏ガラスープ)または味の素 紹興酒または日本酒作り方 1.鍋に黒麻油をたっぷり目に入れ、スライスした生姜をキツネ色になるまで炒める。 2.鶏肉も入れ、火が通ったら鍋一杯に水を入れる。 3.そのままとろ火で30分ほど煮込む。 4.鶏肉!
ほろっとやわらかくなったら、酒以外の調味!
を入れ味を調える。 5.火を止める直前に酒を入れる。これ、ホントに身体が芯からほっかほかになるんです。作り方も簡単ですので、風邪などで体力のない時に、ぜひ試してみて下さいネ。同梱にいかがですか?

1260 円 ( 税込 / 送料別 / 販売中 )

販売期間:指定なし

販売店:台湾小集

[ 個別ページ ]

[ 他の商品を検索する ]


PR




カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
バーコード
ブログ内検索
P R
Designed by shiena
忍者ブログ [PR]